広大な敷地で温泉・食事・アスレチックも!『道の駅おおすみ弥五郎伝説の里』

鹿児島のおすすめスポット、『道の駅おおすみ弥五郎伝説の里』のご紹介です。鹿児島道の駅弥五郎伝説の里 弥五郎どん
『道の駅おおすみ弥五郎伝説の里』は大隅半島を縦断する国道269号沿いに20ヘクタールという広大な敷地を持つ道の駅です。
周辺には、車で30分のところに星の観測ポイントとして鹿児島では有名な「輝北天球館」があります。
輝北天球館の紹介はまた別の時にということで、今回はこの弥五郎伝説の里をご案内します。

駐車場入ってすぐのところに、まず、ブレーメンの音楽隊のような、牛、豚、鶏が重なった像があります。鹿児島道の駅弥五郎伝説の里 ブレーメンの音楽隊?
しかし、その像よりもなによりも、この弥五郎伝説の里には、高さ15mものすごく大きな弥五郎の銅像があります。
道路を走っているときに、しっかり確認できるほど大きな銅像なので、わかりやすいと思います。

ここの道の駅には、黒豚をメインとしている「やごろう亭」のほかに、「弥五郎の湯」「弥五郎まつり館」などがあり、地域の方々の憩いの場として愛されている道の駅となっています。鹿児島道の駅弥五郎伝説の里 モニュメント
鹿児島道の駅弥五郎伝説の里 弥五郎の湯

もちろん「やごろう農土家市」という、地域の方々が持ち寄った野菜や惣菜、花、お菓子などもたくさん並んでいます。
ここの弥五郎スイカは、甘味も濃く、とてもおいしいので、毎年夏になると必ず買いに行っています。
また、黒豚も普段の価格よりもずっと安価で、且つ、珍しい部位も購入することができます。

 

すぐ隣には「フォレストアドベンチャー大隅」という施設があります。
ここは、自然の森林の中に本格的なアスレチックがあり、大人も童心に戻れるという、素敵な場所です。鹿児島道の駅弥五郎伝説の里 アスレチック

夏休みのこの時期、とても気持ちのいい場所だと思いますので、予約もできるようなので、是非、予約して行ってみてください。鹿児島道の駅弥五郎伝説の里 案内

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です