『九州国立博物館』で新たな発見!「あじっぱ」で味わう様々な文化

平成17年10月に開館した『九州国立博物館』では数ヶ月毎に特別展が行われていて様々な歴史や美を観ることが出来ます。

テーマが変わるたびに通っていたのですが、いつも変わらぬあの美しい外観は爽快です。九州国立博物館 外観
一面ガラス張りで、晴れた日に映る青空が何とも言えません。きっと写真を撮りたくなると思います。私も撮ってます。
160メートル×80メートルあり、たいへん迫力もあります。

入館すると一番に目に入るのは「あじっぱ」という色々な国の文化を味わうことができる体験型展示室です。特別展や文化交流展は有料ですが、ここは無料なので一度は入ってみてほしいです。九州国立博物館 あじっぱ

中はアジアテイストでマーケットのような雰囲気とつくりです。ちなみに、靴は脱いでから入ります。
衣装やおもちゃなどが置いてあるため、親子で行くのもお勧めです。
実際に着たり触ったりできるので近い距離でその国々を感じることが出来ます。
現在では、タイ・ベトナム・中国・インドネシア・ウズベキスタン・日本の六か国を紹介しているそうです。

またあじっぱのすぐ隣にはお土産屋さんがあります。
私はそこを見るのが好きです。和小物から海外の民芸品、資料本や食べ物まで様々なものを取り扱っています。九州国立博物館 お土産
九州国立博物館限定のグッズもあり、初めて訪れた際は限定デザインのペンを購入したのを覚えています。嬉しくて嬉しくて、幼かった私は誇らしげに学校で使っていました。

勿論特別展で観ることのできる展示品に関するグッズも販売されていますが、それについての多くはその展示室前で販売されています。

そして重要なのが特別展での様子。ここは有料になりますが、中はとても広く開放的です。
当然静かではありますが息が詰まるような感覚はなく、寧ろ穏やかな時間を過ごすことができます。
照明も暗すぎず明るすぎず、観覧するにはちょうど良いです。
更に、もし気になることや解説が欲しいとなりそうな時でも安心な音声ガイドがあります。別途有料ではありますが、利用してみるのも良いかと思います。

 

九州国立博物館 http://www.kyuhaku.jp/
営業時間 開館  9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日
場所 福岡県太宰府市石坂4-7-2

>>太宰府の記事をもっと見てみる<<

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です