福岡市から30分!今だから太宰府天満宮に行こう

福岡市に観光に来たり、住んでる方は市内に観光スポットが少ない…

そう思っている人も少なくないはず。確かに市内は「観光」と聞いて思い浮かぶような観光スポットが少ないです。
しかし、福岡市から気軽に行ける観光スポットが沢山あります。

その1つが
『太宰府天満宮』
今回はその太宰府天満宮の魅力を紹介します。

太宰府天満宮は福岡市の中心地「天神」にある西鉄福岡駅から、30分程度で行けます。
2014年春には太宰府観光列車「旅人」が運行を開始しました。外観も内装も、和テイスト溢れるデザインになっています。
内装は車両ごとに柄が違いますが、この写真は縁結びをイメージした、貝合わせ文様の車両です。01-tabito02-tabito

太宰府駅につくと、右手に太宰府天満宮があります。
天満宮までの道は、両手にお土産屋さんが沢山並んでいます。03-sandou

 

和を感じさせる雰囲気になっていて、ちょっと奈良のような感じかもしれません。太宰府の名物「梅が枝餅」もこの参道に何軒かお店が並んでいます。
飲食店も何軒かあるので、食事も勿論楽しめます。また、太宰府にはその外観で有名なスターバックスもあります。
参道を抜けると、太宰府天満宮です。
04-tenmangu05-tenmangu

太宰府天満宮は、学業の神様である菅原道真公が祀ってあるため、学生だと思われる参拝客も多いです。絵馬の内容なんかも、受験や試験の合格を祈るものが多いです。勿論お守りも売っています。

近くに、縁結びで有名な「竃門神社」があるためか、恋愛関係のおみくじやお守りも目立っています。
太宰府天満宮自体は、お土産を見る時間を合わせても、2~3時間くらいで回りきってしまえます。
時間が余ったら、前述の竃門神社に行ってみてはどうでしょうか。
太宰府駅から直通バス「まほろば号」が出ているので、簡単に行けます。
「まほろば号」は、よく若い女性観光客でいっぱいになっています。

 

これが竃門神社です。06-kamado太宰府天満宮よりもずっと小さい神社ですが、山の中にある為、自然も楽しめます。(登山の必要はありません)
恋愛成就を願う方は、行ってみてはいかがでしょうか。

 

ダイジェスト的に太宰府の観光を紹介してみました。梅もとっても綺麗なので別記事にまとめました
太宰府観光には半日もかかりませんので、日中は太宰府に観光にでかけて、夜は博多で美味しい名物料理を食べる・・・なんて観光コースもおすすめです。
また、太宰府天満宮の近くにはユニークな建物の九州国立博物館もありますので、そちらにも足を運ぶのもよいでしょう。

>>太宰府の記事をもっと見てみる<<

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です