スイーツ好きにはたまらない『人気スイーツ博覧会』に行ってきました!

9月9日から、大丸福岡天神店(福岡県福岡市中央区天神1)で開催されている「人気スイーツ博覧会」。
食べログユーザーに選ばれた、ベストスイーツ2014受賞店舗も集結するスイーツ好きにはたまらないイベントに行ってきました。

 

会場午前11時過ぎに会場入りしましたが、会場内は既に絶品スイーツを求めるお客さんでいっぱいです。

 

JiJi ショーケースエスカレーターを上がって直ぐ目に入ったのは、水色と白のストライプ柄の外観が目立つカップケーキ専門店『JiJi』。可愛くデコレーションされたカップケーキは他では見たことのないデザインばかりです。

その中で注目したのが「ラブベリー」というカップケーキ。

JiJi ラブベリー全体的にピンクカラーでハートの飾りつけがとてもキュート。期間限定の商品で、尚且つ数も1日30個限定と、“限定”尽くし。とっても気になります。

店横にはこんなイラスト付きで商品の紹介もされていました。JiJi イラストお土産などプレゼントに最適だと感じました。喜ばれること間違いなしです。

 

WB続いて、その隣に並ぶのは大丸初出店の『ドゥブルベ・ボレロ』。グルメ口コミサイト“食べログ”でベストスイーツ2014を受賞した人気洋菓子店です。ショーケースにはチーズケーキとマカロンが並んでいます。

WB アイアシェッケチーズケーキの名前は「アイアシェッケ」。ドイツ東部ドレスデン地方の濃厚なベイクドチーズケーキです。そぼろ状クッキー、バターとカスタードクリーム、クリームチーズ、クッキーの4層仕立てになっており、美味しさが幾重にも重なっています。

このお店で私個人が気になったのはマカロン。今まで見てきたマカロンとは色も表面の具合もなんだか違うようです。

WB マカロンパンフレットに「素材の味や食感が楽しめる個性派のマカロン」と書いてあるように、実際に食べてみるとすべてに納得。しかし、先ず言えるのはこのマカロンはとても濃厚で特別さを感じられるものだということ。生地にはアーモンドが使われているためしっかりとした食感があり、中にサンドしたクリームは香りも味も素材がよく活かされています。お勧めの一品です。

WB マロンパイほかに、9月上旬から10月下旬までの期間だけ販売されている「マロンパイ」も是非食べていただきたいです。イタリア栗を贅沢に使用し、生地の香ばしさにその甘さがよくマッチしています。

 

マロン繋がりで、続けて2軒紹介。

 

初めに出会ったのは、『ローテンブルグ』の人気No.1スイーツでシェフのこだわりがつまった「モンブラン」。

ローテン モンブランさっくりメレンゲにミルキーな生クリーム、栗ペーストを絞り上げた贅沢な味が楽しめるモンブランです。しかし、大変デリケートなので今までは福岡県糟屋郡志免町の店舗でしか販売していなかったとのこと。

ところがこの度、その点がクリアされ、大丸デパートで先行販売される運びとなりスイーツ博覧会に出品が可能となったのです。是非、ご堪能ください。

ローテン くるみローテンブルグはドイツなど海外の伝統的なお菓子をベースに最新の技術を施した洋菓子を作るお店です。焼菓子にも力を入れており、蜂蜜と胡桃をたっぷりと使ったスイスの伝統菓子「エンガディナーヌストルテ」がお勧めです。スイーツ好きな方にとても人気のある商品です。

 

お次は、福岡県内外でも有名な『フランス菓子16区』の「マロンシャンティ」。

16区 マロンシャンティ生クリームを混ぜているので、濃厚なモンブランに比べ、なめらかで軽やかな味わいが特徴。

フランス菓子16区のオーナーシェフ三嶋隆夫は、今や日本全国は言うに及ばず、お菓子の本場フランスでも人気の高い「ダックワーズ」の考案者であることでも広く知られています。平成19年度には「現代の名工」を受賞しており、その三嶋氏が手掛けるスイーツとだけあって注目度も高いです。

 

そして、次にむかった先『LA VIE EN ROSE』で新たに発見したのは見たことも聞いたこともない形のシュークリーム。

LR キャラメリーズその名も「キャラメリーズ」。キューブ型のシュークリームをほろ苦くキャラメリゼした一品です。シュークリームというとドーム型の丸いイメージだったので、斬新だなと興味を惹かれました。

同店の公式オンラインショップでは、生地の中のクリームが違うものを3種類(プレーン、チーズ、アールグレイ)販売しています。

LR ショーケースショーケース内で他に気になったのは、シルエットが可愛いハート型のマカロン。

 

LR マカロンLA VIE EN ROSEの代名詞ともいえる同店一押しのスイーツです。スペイン産の粗挽きアーモンドや、ベルギー産のショコラを使ったガナッシュ、自家製コンフィチュールなどこだわり満載の品。女性への贈り物にも大変喜ばれると思います。

 

このスイーツ博覧会の魅力は洋菓子だけではありません。和菓子も盛り沢山。

和菓子店『菓心まるいち』の前には人が多く居ました。早速近づいてみるとそこには何とも美味しそうなどら焼きが。

まるいち 和栗どら焼き「和栗もっちりどら」という名のどら焼きは、見た目にもそのもちもち感が伝わるほど。生地に挟まれた栗も美しく鮮やかな色をしています。

全国的にも定評のある佐賀産のもち米ブランド「佐賀よかもち」と地元の石臼挽き小麦粉をふんだんに使用した、まさに佐賀生まれの「さがどら」。あっさりとした小豆あんは、北海道十勝産の特選「雅小豆」を使用しており、丁寧に手で練り上げているとのこと。
まるいちこだわりの逸品です。

まるいち ポスターほかに、栗が入っていないプレーンタイプのどら焼きもあるので、さがどらそのものと秋の味覚両方を味わうことができます。

 

さらに、そのすぐそばにある店舗にも列ができていました。
京都で有名な和菓子店『古都芋本舗』です。

古都芋本舗 ショーケースショーケースを覗くと大玉の団子と此方もサイズが大きめの大福が。団子スペースには、みたらし団子やよもぎ団子などが並ぶなか、珍しいなと思うものが2種類。

古都芋本舗 黒ごままずひとつめはこちらの「大玉黒ごま団子」。団子が黒ごまのたれで覆われており、なかなかインパクトがあります。しかし、それが魅力の一つなのでしょう。次々にお客さんが購入していきました。サイズもトッピングも良い衝撃を受ける団子に出会えました。

古都芋本舗 ずんだそしてもう一つが、団子の上にのった緑の餡は、枝豆。仙台で有名な“ずんだ餅”を思わせる「大玉ずんだ団子」です。優しい色味で、珍しさを感じさせつつもどこかほっとする外見です。

 

さてそんな「ずんだ餅」ですが、このお店舗のすぐそばに宮城県仙台の和菓子処『甘仙堂』が店を構えていました。

甘仙堂 ずんだ餅ケースいっぱいに重なった緑鮮やかな「ずんだ餅」。ずんだ餅は、すりつぶした枝豆を餡に用いる餅菓子で、南東北を中心にした地域の郷土菓子です。甘く味付けされた枝豆の餡がたまりません。一度食べると、またふと食べたくなる忘れられない味になるかと思います。

ちなみに、甘仙堂のずんだ餅は宮城県産のもち米「みやこがね」を100%使用しています。

 

そこから進んでいくと、さつまいも独特の食欲をそそる良い匂いがしてきました。

『芋蔵』からです。

芋蔵 ショーケース地元鹿児島県産のこだわりぬいた薩摩芋のみを使用したスイーツが魅力のお店です。楽天市場でも「楽天うまいもの大会」にて連続受賞を果たしています。

芋蔵 スイートポテト焼き芋の皮にスイートポテトをたっぷりのせて焼いたボリューム満点の「でかまるスイートポテト」は、中がとろーりとしていてとてもクリーミーな仕上がり。

芋蔵 クレープ目を引くビジュアルの「紫芋ロールクレープ」は、甘さを控えた上質なさつま芋のクリームを香り豊かな生地で巻いたスイーツ。すべて手作りで一枚一枚生地を焼き、丁寧に巻き上げています。しっとりと濃厚な紫芋のクリームが絶品です。

 

ここまで、数々のスイーツを紹介しましたが、あまりの人気で写真も撮れなかったお店が2軒あったのでそちらも紹介します。

1軒目は大丸初出店の『銀座千疋屋』。

口どけの良いクリームとジューシーなフルーツの組み合わせがたまらない美味しさの「銀座オムレット」、りんご・黄桃・苺・メロンなど新鮮なフルーツを甘さ控えめの生クリームとふわふわパンで挟んだ銀座千疋屋の看板メニュー「フルーツサンド」を求めて、長蛇の列ができていました。

2軒目は九州初出店の『シェ・シバタ』。

フランスAOPバターにゲランド産岩塩をのせた塩バターキャラメルのエクレア「エクレール・オ・ブール・サレ」、マカロンをモンブランクリームとレイヤードした「モンブラン」が人気で、ショーケースには僅かにしか残っておらず、それでも列は続いていたほどです。

 

人気スイーツ博覧会 大丸
大丸福岡天神店のチラシ広告にどちらも大きく取り上げられています。写真でもその美味しさが伝わってくるようです。是非、チェックされてみてください。

 

スイーツ大好きな私にはたまらないイベントでした。目移りしてしまってどれを買おうか迷って2時間くらい会場をうろうろしてしまいました。
最終的に買ったのが

  • 菓心まるいち 和栗もっちりどら
  • LA VIE EN ROSE キャラメリーズ
  • ドゥブルベ・ボレロ マカロン
  • ローテンブルグ エンガディナーヌストルテ

でした。帰ってレビュー記事も書こうと思ってたのにあまりのおいしさにぺろりと食べてしまいました…。
そんなおいしいスイーツだらけのイベント、数に限りのあるものや人気の商品は直ぐに売り切れてしまう可能性もありますので、お求めの方はお早目に会場へ行かれることをお勧めします。

詳しい日程については以下の記事から確認ください。

天神で「人気スイーツ博覧会」開催/福岡

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です