福岡の中華食堂で密かに人気の謎の麺『ダル麺』を食べてみた

九州北部の大衆中華食堂である時期から食べられている、ダル麺というミステリアスなネーミングの麺料理があります。
皿うどんやチャンポンの並ぶ中華食堂で密かに人気のメニューです。
名前からはどんな料理なのか想像が付かないので、非常に謎めいたところがあります。そこでこの麺がいかなるものかを確かめるため、福岡の天神地区のお店を訪ねてみました。

 

まず、訪れたのはジュンク堂書店福岡店の隣り、ラーメン屋さんから奥へ入ったところにある『新生飯店』です。

老舗の風貌が漂う新生飯店

老舗の風貌が漂う新生飯店

老舗の風貌が漂う外観。観音開きの珍しい扉をくぐり店内へ入ると、壁に掛けられたメニューの中に「ダル麺 580円」とありました。

壁には「ダル麺 580円」のメニューが。

壁には「ダル麺 580円」のメニューが。

早速頼むと、たっぷりの餡で覆われた麺が皿に盛られて出て来ました。

たっぷりの餡で覆われたダル麺

たっぷりの餡で覆われたダル麺

餡の中にはちゃんぽん麺。

餡の中にはちゃんぽん麺。

餡の具は豚肉、椎茸、筍、そして野菜など。とろとろの餡はオイスターソースや中華スープなどで味付けされ、餡の下にはちゃんぽん麺。これがダル麺です。昔馴染みの飽きの来ない味がする熱々の餡を太いちゃんぽん麺によく絡めながらいただきます。皿から溢れそうなたっぷりの餡でボリュームもあります。

 

次に訪れたのは、親富孝通りから脇道に入ってすぐのところにある『金龍食堂』です。

親富孝通りから脇道に入ってすぐの金龍食堂

親富孝通りから脇道に入ってすぐの金龍食堂

メニューは豊富で、麺類、焼き飯、丼物、定食類があり、その中にダル麺(600円)がありました。

麺類、焼き飯、丼物、定食などの豊富なメニュー

麺類、焼き飯、丼物、定食などの豊富なメニュー

ここのダル麺は、麺はちゃんぽん麺でしたが、新生飯店とは少し異なり、最初から餡に絡まったものでした。
豚肉、蒲鉾、野菜など具たくさん餡はややゆるく、オイスターソースの濃厚な味付け。ちゃんぽん麺とゆるい濃厚な餡がよく絡み合い、相性は抜群。

餡と麺が絡んで出てくるダル麺(600円)

餡と麺が絡んで出てくるダル麺(600円)

 

この他にも福岡にはいくつかダル麺を提供しているところがありますが、ダル麺を頼むと餡のかかったちゃんぽん麺が運ばれてきます。
これがダル麺の正体でした。ですがなぜこの餡かけちゃんぽん麺をなぜダル麺と呼ぶのか、疑問が残ります。

そこで聞いてみると、ダル麺をはじめて出したのは台湾から渡って来た人方が開いたお店なんだそうです。
台湾や中国の麺料理に打滷麺(もしくは大滷麺)という具入り餡かけ麺があります。
中国語の発音ではダーロウミエン。それで、チャンポンをよく食べていた九州北部で、ちゃんぽん麺を使った餡かけ麺をダル麺と呼んで出したのです。

 

これで謎は解けました。真実はいつもひとつです。
福岡の中華食堂でダル麺を目にしたら、臆せず是非一度試してみてください。謎の味ではありませんが、九州北部に根付いた親しみのある味がするでしょう。

 

新生飯店
営業時間 11:00~17:00頃まで
定休日 日曜日
電話番号 092-741-4966
住所 福岡県福岡市中央区天神1-10-14

金龍食堂
営業時間 11:00~22:00
定休日 日曜・祝日
電話番号 092-761-6402
住所 福岡市中央区舞鶴1-9-6

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です